子供にプログラミングを体験させるのにおススメのロボット教室

 

最近では将来のスキルに繋がる習い事として、幼稚園〜小学生向けのロボット教室でプログラミングを学ぶのが人気になってきていますよね。

 

ただ、そうは言っても実際問題、「どのロボット教室がオススメなのかよくわからない」、「何を基準にしてロボット教室を選べばいいの?」と悩んでいる親御さんも多いかと思います。

 

そこでこの記事では、現役のエンジニアである筆者が、子供向けのロボット教室の選び方のポイントから、本当にオススメのロボット教室などをまとめて解説していきます!

 

ロボット教室選びで迷っているという方はぜひチェックしてみてください。

 

子供向けロボット教室の選び方

 

子供ロボット教室プログラミング体験

 

子供向けのロボット教室といっても、各教室ごとに特徴や、料金、授業の進め方などはバラバラです。

 

ですので、ロボット教室を選ぶ際は、まず以下の3つを重点を置いた上で、それぞれの目的ごとに最適な教室を選んでいくようにしましょう。

  1. 教室の場所・通いやすさ
  2. 料金・費用
  3. 無料体験の有無

教室の場所・通いやすさ

教室を選ぶにあたってまず考えるべきなのは、教室の場所や通いやすさです。

 

いくら評判の良いところだとしても、家から送り迎えができる距離や、駅の近くなどの通いやすい場所に教室がない限り、継続的に通い続けるのは厳しいでしょう。

 

また、他の習い事も行っている場合は、そちらにも影響が出る可能性がありますので、そういった部分でのお子さんへの負担も考慮してあげなければいけません。

 

実際にロボット教室に通うのはお子さん自身ですので、まずはなによりも、お子さんが通いやすい・負担がかからない教室というを最優先で考えてあげましょう。

 

料金・費用

 

授業の料金・費用に関しても、ロボット教室を選ぶ上では必ずチェックしておきたいポイントの1つです。

 

基本的にはどの教室でもそこまで大きな料金の差はありませんが、それでも他の習い事よりは高めの料金となっていますので、せっかく通うなら少しでも料金が安いところを選ぶことに越したことはありません。

 

また、授業料の他にも、入会金、テキスト代、ロボット代などで初期費用として約4~5万程度が必要になるということについても、教室を選ぶ際はあらかじめ念頭に置いておいてください。

 

無料体験の有無

 

通うロボット教室をある程度ピックアップしたら、必ずその教室で無料体験ができるかどうかについても見ておきましょう。

 

無料体験を受講すれば、その教室の授業の教え方、雰囲気、お子さん自身の適正などを実際に確かめることができるので、入塾した後のイメージも一気に湧きやすくなります。

 

また、実際にいくつかの教室で無料体験を受講し、それぞれを比較することができすれば、より最適な教室を選べるので、入塾にあたってのお金や相性についてのリスクも少なくなります。

 

子供向けロボット教室のオススメランキングTOP5

 

ここからは、現役エンジニアである筆者の視点から見て本当にオススメの子供向け(年長〜小学生)のロボット教室をランキング形式で紹介していきます。

 

いずれも人気の高いロボット教室ですが、ぜひ上記で紹介したポイントも踏まえながら、実際に合いそうだなと思う教室を選んでみてください。

 

1位 ヒューマンアカデミーこどもロボット教室

 

子供ロボット教室プログラミング体験

 

数あるロボット教室の中でも最もオススメなのは、ヒューマンアカデミーグループが運営する「ヒューマンアカデミーこどもロボット教室」です。

 

ヒューマンアカデミーこどもロボット教室では、ロボットクリエイターとして名高い、高橋智隆さん監修の教材を使ながら、レベルごとに最適なコースの授業を受けることができる人気のロボット教室。

 

全国各地に1,200校以上の教室があり、さらに料金もリーズナブルということもあり、数あるロボット教室の中でも人気・通いやすさともにNo.1の教室です。

 

オススメポイント

 

  • 初期費用・月謝がリーズナブルな価格
  • 全国各地に1,200以上の教室があるため通いやすい
  • 学年・レベルごとの豊富な種類のコースが用意されている
料金・コース詳細
教室の場所 全国47都道府県(1,200校以上)
対象学年 年長〜
学習期間 18〜24ヶ月(90分/月2回)
コースの内容 プライマリーコース

ベーシックコース
ミドルコース
アドバンスプログラミングコース
ロボティクスプロフェッサーコース

入学時の費用 入学金:10,800円

ロボットキット:30,780円

月額費用 授業料:9,720円

テキスト代:540円

体験授業 随時募集中(要問合せ)

ヒューマンアカデミーこどもロボット教室公式サイト

 

2位 クレファス

 

子供ロボット教室プログラミング体験

 

初心者向けではなく、より高度で本格的なロボットプログラミングを学びたいのなら、「クレファス」がオススメです。

 

クレファスは、質の高い高価な教材を使用して、高度なロボットプログラミング技術を学んでいくのが特徴のロボット教室。

 

カリキュラムや教材の内容が高度なため、料金も他のロボット教室と比較しても高めではありますが、本格的な技術や知識を身につけたいのであれば、通う価値のある教室です。

オススメポイント
  • 本格的な教材で高度な技術を学べる
  • 基礎から応用まで目的別に12個のコースを用意
  • 全国各地に110校以上の教室がある
料金・コース詳細
教室の場所 全国各地110校以上(東京、大阪、神奈川...etc)
対象学年 年長〜
学習期間 期間の指定はなし(50分/月4回)

※小3以上は90分/月4回

コース内容 Kicksジュニアエリート(スタンダード/ベーシック/アドバンス)

Crefusコース(ブロンズ/シルバー/ゴールド)
Crefusコース(プラチナ/M2/M3)
Crefusコース SS

入学時の費用 入学金:約10,000円〜16,000円(コース別)

ロボット代:約24,000円〜53,000円(コース別)

月額費用 授業料:約10,000円〜16,000円(コース別)

テキスト代:0円

体験授業 随時募集中(要問合せ)

クレファス公式サイト

 

3位 タミヤロボットスクール

 

子供ロボット教室プログラミング体験

 

「タミヤロボットスクール」は、プラモデルでも有名なあの「タミヤ」が企画協力を行い、運営しているロボット教室です。

 

全国各地に70校以上をフランチャイズ展開しており、料金は各教室ごとによって違いますが、かなりお手軽な料金で通えることから人気を集めています。

 

2018年の4月から開講したばかりということもあって、まだまだ知名度はありませんが、実績のある企業がカリキュラムを監修しているので、学習の質の面では他の教室にも劣りません。

オススメポイント
  • 全国各地に70校以上の教室を展開
  • プラモデルで有名な「タミヤ」が企画協力を行っている
  • 実績豊富な法人企業がカリキュラムを監修
料金・コース詳細
教室の場所 全国各地70校以上(東京、大阪、神奈川...etc)
対象年齢 小学2年生〜(小学1年生以下も可)
学習期間 12ヶ月(90分/月2回)
コース内容 ロボットプログラミングコース

メカニックコース

入学時の費用 入学金:約10,000円〜(各教室ごとに異なる)

ロボット代:約15,500円〜(各教室ごとに異なる)

月額費用 授業料:約6,500?(各教室ごとに異なる)

テキスト代:約600円〜(各教室ごとに異なる)

体験授業 週1回開催(日程は各教室ごとに異なる)

タミヤロボットスクール公式サイト

 

4位 スタープログラミングスクール

 

子供ロボット教室プログラミング体験

 

「スタープログラミングスクール」も、比較的リーズナブルな料金で通うことができるロボット教室の1つです。

 

スタープログラミングスクールは、小学生・中学生を中心に、総合的なプログラミングの技術を教えている教室で、通う生徒の学年やレベルごとに3つのコースを用意しています。

 

また、ロボットプログラミングコースでは、ロボットの仕組みについても学習するので、プログラミング以外の工学や数学などの部分も鍛えることが可能です。

オススメポイント
  • リーズナブルな料金設定で通いやすい
  • 学年・レベル別に3つのコースを用意
  • プログラミングのみならず、総合的な能力を鍛えることが可能。
料金・コース詳細
教室の場所 全国各地53校(東京、大阪、神奈川...etc)
対象学年 年長〜
学習期間 10〜20ヶ月(90分/1回)
コース内容 タブレットプログラミングコース

Scratchプログラミングコース
ロボットプログラミングコース

入学時の費用 入学金:6,000円

ロボット代:要問合せ

月額費用 授業料:10,000円(ロボットプログラミングコース)

月会費:2,000円
テキスト代:0円(コースによっては有料)

体験授業 随時募集中(要問合せ)

スタープログラミングスクール公式サイト

 

5位 LITALICOワンダー

 

子供ロボット教室プログラミング体験

 

ひとりひとりに寄り添ったカリキュラムを提供しているのが、「LITALICOワンダー」です。

LITALICOワンダーは、東京・神奈川に13校を展開しており、ひとりひとりのスキルやレベルごとに合わせたカリキュラムで授業を進めていくのが特徴のプログラミング教室。

コースにはロボットプログラミング以外に、ゲーム&スマホプログラミングや、最新の3Dプリンターを使ったものづくりコースといった変わり種も用意されており、「総合的なものづくり」を学ぶのにもオススメの教室です。

 

オススメポイント
  • ひとりひとりに合わせたカリキュラムで学習を行う
  • ロボットプログラミング以外にも、目的別に様々なコースを用意
  • 「総合的なものづくり」を学ぶことが可能
料金・コース詳細
教室の場所 東京・神奈川13校
対象学年 年長〜
学習期間 期間の指定はなし(90分/月2 or 4回)
コース内容 ゲーム&スマホプログラミングコース

ロボットクリエイトコース
ロボットテクニカルコース
デジタルファブリケーションコース

入学時の費用 入学金:15,000円

ロボット代:なし(教室で貸出)

月額費用 授業料:11,000〜18,000円(受講回数による)

教室運営費:1,500円
テキスト代:1,000円 or 2,000円(受講回数による)

体験授業 随時募集中(要問合せ)

LITALICOワンダー公式サイト

 

迷ったらまずは無料体験を試してみる

 

ロボット教室は、習い事としては比較的高額な部類ですが、その分「独創性」や「論理的思考力」を鍛えることができ、将来的に見ても役立つ可能性が高いスキルが身につく、非常に価値のある習い事の1つです。

 

また、2020年からは公立小学校でプログラミングが必修科目となりますので、そういった意味でも、これからのために早い内からプログラミングに必要な思考力を鍛えておいて損することはないでしょう。

 

とはいえ、前述の通り、やはり実際に体験してみないことには良し悪しや相性などの判断もつかないかと思いますので、とにかくまずは気になった教室で一度無料体験を受講してみるところから始めてみてください。

 

もしも、どの教室で体験を受けるかで迷ってしまったら、まずは教室数が多く通いやすい、「ヒューマンアカデミー」などから順番に無料体験を試してみるのがオススメです。

 

ヒューマンアカデミーこどもロボット教室公式サイト